節約の方法

注文住宅の家づくり

ズボラ主婦にもおすすめの節約術!ムリのない貯金生活。

節約の方法

実現したいことはたくさんあるけれど、お金が足りない…!

家庭を持つと節約も思い通りに進まないことが多く、お金がたまっていかないことに焦りを感じます。

どーも!ケチと男気の境目で迷走する男てっちゃん( @tetsu_grit)です。

家族旅行、夢のマイホームなど、お金のかかるイベントに備えて少しでも日々の暮らしの中で貯金をしていきたいですよね。

この記事では、今の生活を見直してムリなく節約するためのポイントを紹介しています。

どこから見直したらいいかわからないという方は是非参考にしてください。

節約効果のある削りやすい項目とは

お金

「毎日こまめにお金を計算するのはめんどくさい」

そんなズボラなあなたには、一度変更すれば後は放置でオッケーな項目の見直しをおすすめします。

当然のことながら、一番効果のある節約は固定費を削ることです。

では無理なく削りやすい固定費はどんなものがあるか?

下記にて具体例を示します。

家賃

家賃は家計の中でも一番大きな部分を占める支出。

収入に対して家賃がオーバーサイズになっていないか広さや築年数等はどこまでなら許容できるかを考えて家賃を見直しましょう。

これ以上狭いところは無理と思っていても、メルカリなどで不用品を処分するなどすれば意外とスペースに余裕が生まれたりします。

例えば、今より月5,000円安いところに引っ越すだけで、年間60.000円の節約です。

てつ
60,000円は大きいよね

引っ越しの手間はありますが、節約効果は大きいです。

【メルカリの始め方】不用品を出品!副業やお小遣い稼ぎにフリマアプリがおすすめ

通信費

毎月かかる固定費としてつぎに削りやすいのは通信費です。

その中でも「携帯料金」は格安SIMにすることで年間約10万円の節約になります。

楽天モバイルに変更した事例を別記事で紹介しているので参考にしてください。

【格安SIM】楽天モバイルをよく電話する人が使ったら?料金を公開【感想】

保険

保険の契約が入った当時のまま、放ったらかしになっていませんか?

契約した時と現在では、家族の状況も違えば、契約プランのバリエーションや法律なども変化している場合があります。

不必要な保険に加入をしていないか、この機会に一度検討してみることをおすすめします。

まとめ

以上、てっちゃん( @tetsu_grit)でした!

-注文住宅の家づくり

Copyright© てっちゃんのプログラミング学習メモ , 2019 All Rights Reserved.