夫婦の会話

注文住宅の家づくり

知らずにイライラさせていませんか?夫婦との会話でやってはいけない事5つ【男性側から解説】

夫婦の会話

なんとなく世間話をしていたのに、急に妻が怒り出した…

そんな経験をしたことはありませんか?

てつ
ハイ、ワタシデス!


私は大丈夫」と思っている方、なんでそんなに自信満々なんですか?

知らずに地雷を踏んでいる可能性がありますよ〜!

どーも!嫁ちゃんとたとえ喧嘩をしても真っ先に自分が折れるTHE・穏健派のてっちゃん( @tetsu_grit)です。

この記事では、配偶者との関係を円滑に保ち、熟年離婚をされないための方法を紹介しています。

思い当たる節のある方は必見です。(男性サイドに立って解説していきます。)

夫婦との会話でやってはいけない事5つ

あなたは奥さんと会話をするとき、ついつい「やってはいけないNG行動」を連発している可能性があります。

家はリラックスした場所、相手は気心しれた家族。だからこそ、意識して会話に望まないとうっかり地雷を踏んでしまう危険性があります。

下記にて、夫婦間の会話で具体的なNG行動をみていきましょう。

ぶっきらぼうな返答

疲れているからと言って、ぶっきらぼうなトーンで返事をしていませんか?

自分はそんなつもりがなくとも、あなたの奥さんは邪険に扱われたと感じて不機嫌になってしまいます。

「あなたの話を真剣に聴いている」というトーンで、声に少し力を乗せて返事をすることを心掛けてください。

少し前のめりになるくらいが丁度良いでしょう。

視線を合わさない

奥さんの話が面白くないからと言って、テレビを見たりスマホをいじったりしながら適当に相槌を打っていませんか?

このパターンもまた、奥さんが「真剣に聞いてもらえていない」と感じてイライラする原因のひとつです。

相手がうわの空で「聞いたふり」をしていると分かった瞬間、奥さんの美しい顔が般若の面と見紛う変化を遂げてしまう危険性があります。

奥さんのことをボスだと思えば、自然と目を合わせて会話ができるようになります。

仕事で上司と話すときは、きちんと体ごと上司の方を向いて耳を傾けるはずです。

いつも職場でやっていることです。簡単でしょ?

ダメ出しをする

「そんな風に言うからダメなんだよ」と、上から目線でダメ出ししていませんか?

ヤバいですよ…。一番ダメなパターンです。アウト

相手のことを考え、良かれと思った上での言動だとしても、相手は自分の価値を否定されたと感じます。

言い回しや口調を間違えると、この瞬間怒りゲージはMAXになり、火山が大噴火となる可能性があります。

え?心当たりがある?

それ、もうすでに噴火しているかも…足元までマグマが来ていませんか?

あなたがランチのお弁当作りを奥さんに依頼しているなら、おかずの1〜2品は減っていることを覚悟してください。

「結局何が言いたいの?」と結論を急ぐ

女性はただ聞いて欲しくて、今日あったことを時系列で話します。

それに対して、話のオチや結論を聞くのはNGです。

まして、ビジネスのように結論から求めるのは言語道断。

相手が話したいことだけに耳を傾けて、適切な相槌を返すことを意識しましょう。

オチがなくてもオッケー。むしろどこまで話が脱線できるかを楽しみましょう。

「そんなのまだマシだよ、俺なんて…」

「そんなの大したことないよ」「まだマシだよ、俺なんて…ペラペラ」と話をかぶせてしまうのもNG行動のひとつです。

これは女性に限った話でなく、同じ内容で話を被せられるのはイラっとする返答ナンバーワンと言っても過言ではありません。

「わかって欲しいのに、全然わかってもらえない」と女性に不満がたまります。

旦那さんには「辛かったこと」や「大変さ」に共感して欲しいだけなのです。

体全体をアンテナにして、共感マシーンになったつもりで会話に臨みましょう。

アドバイスや解決方法を提示する

女性は「話を聞いてほしい」「共感してほしい」と思って話をします。

「そんなことがあったんだ」

「それは大変だったね」

といった具合に、気持ちに共感をしていくのが正解です。

それなのに「そんなときはこうすればいいんだよとか「こうしてみたらどう?」と求められる前からアドバイスをしてしまうのは控えましょう。

相手から求められてもいないアドバイスは「説教」と捉えられてしまい、奥さんのイライラの原因となってしまいます。

いや、これ私もついついやってしまうんだよね〜。ホント気をつけます。

まとめ 家でも油断大敵。親しい間柄にも礼節を持って接しよう

夫婦の会話だからと言って、おざなりになっていませんか?

何年一緒にいたとしても、人対人のコミュニケーションはお互いに尊敬の念を持って、礼節のあるものでなければいけません。

夫婦関係についての調査

出典:調査のチカラ

調査によると、夫婦関係に不満がある層の約半分は、話し方や態度などに不満を持っています。

いい加減な対応は、お互いの気持ちがネガティブになり、暗い雰囲気が続けば離婚の原因にもなり得ます。

こわいですよね…。

結婚した時の気持ちを思い出してみましょう。

あなたは奥さんのどんな話にも興味を持って耳を傾け、最大限に反応していたはずです。

会話に限らずお互いに思いやりを持って接していけば、夫婦のコミュニケーションは改善に向かいます。

押入れの中にしまってある結婚式の写真を、久しぶりにふたりで見てみるのもおすすめですよ。

-注文住宅の家づくり

Copyright© てっちゃんのプログラミング学習メモ , 2019 All Rights Reserved.