緑茶しゃぶしゃぶ

注文住宅の家づくり

脂肪のサビを落とす緑茶しゃぶしゃぶとは?【THe 名医の太鼓判】

2019年4月29日のTBS「THe 名医の太鼓判」の放送で健康になる料理として「緑茶しゃぶしゃぶ」が紹介されていました。

てつ
緑茶しゃぶしゃぶって何ぞ!?

「しゃぶしゃぶ」と「緑茶」って、普通はリンクしない食材ですよね。

ついつい気になって、番組内容を詳しく観てみました。

本記事では、緑茶しゃぶしゃぶの食べ方とその効能について紹介しています。

「緑茶しゃぶしゃぶ」はビタミンEが効果的に摂れる食べ方

脂肪を落とす健康的な食べ方として紹介されていた「緑茶しゃぶしゃぶ」は、要約すると「効果的なビタミンEの摂り方」でした。

出典:TBS「名医のTHE太鼓判!」

たんぱく質とビタミンEを同時に摂ると、効率的に体内に吸収できるとのことです。

つまり、「お茶」と「豚肉」は食べ合わせとして「最適なパートナー」ということですね。

また、意外にもお茶に含まれるビタミンEは食品中トップクラス!100gあたりではかぼちゃの約13倍のビタミンEを含んでいます。

お茶のビタミンE含有量

緑茶に豊富なビタミンEを摂るメリット

茶畑

ビタミンEには健康を促し、病気を予防・治療する潜在性があるとする主張は多い。ビタミンEにそうした保護効果があるならば、それは、その抗酸化剤作用、ならびに抗炎症プロセス、血小板凝集阻害、免疫強化における役割に拠るものであろう。

 

免疫機能を高め、体内に侵入してくる細菌やウイルスを撃退するためにも、ビタミンEは必要です。また、血管拡張を促し、血管内で血液が凝固するのを防ぎます。身体の細胞が互いに連携し、多くの重要な機能を果たす際にもビタミンEは使われます。

出典:「統合医療」情報発信サイト(厚生労働省『「統合医療」に係る情報発信等推進事業』)

厚生労働省の情報サイトによると、ビタミンEには抗酸化作用や免疫強化作用があるとのことなので健康長寿を目指すなら積極的に摂りたい栄養素ですね。

緑茶しゃぶしゃぶの材料

  • えのき
  • 水菜
  • たけのこ
  • 豚ロースの薄切り肉
  • 緑茶

レシピとしては特別な食材は必要ありませんが、お湯の代わりに緑茶を用意します。静岡県でしゃぶしゃぶに使われているお茶は「深蒸し茶」と呼ばれるとても細かい茶葉が特徴のお茶なので、できれば同じ静岡の深蒸し茶を用意しましょう。

緑茶しゃぶしゃぶの食べ方

緑茶しゃぶしゃぶ

出典:TBS「名医のTHE太鼓判!」

食べ方はとてもシンプルで、お水の代わりに緑茶で沸かしてしゃぶしゃぶするだけ。ポン酢、ゴマだれをつけて食べると普通に美味しいそうです。

お茶処で有名な静岡県では、緑茶しゃぶしゃぶは一般的に広く愛されている食べ方だそうです。

しゃぶしゃぶの新しい食べ方「緑茶しゃぶしゃぶ」。

体にも良いということですし、たまには違った食べ方をしてみても面白いと思いませんか?

 

-注文住宅の家づくり

Copyright© てっちゃんのプログラミング学習メモ , 2019 All Rights Reserved.