中古スマホ購入

注文住宅の家づくり

スマホを中古で買う際の注意点【失敗談あり】

中古スマホ購入

スマホが登場して10年以上が経過して市場に多くの端末が出回った結果、新品だけでなく中古でも良質なスマホを購入できるようになりました。

この記事では「スマホを中古で購入する際に気をつけたい事」を体験談を交えて紹介しています。

こんな方におすすめ

  • 中古スマホの購入を検討している
  • 買い物で失敗したくない

中古スマホの購入には通販サイトを利用

中古スマホの購入は、中古スマホ・白ロム専門サイト/ムスビーゲオモバイルを利用しました。

購入したスマホはこちらの2台。

中古スマホ

iphoneとxperiaですね。

購入当時、iphoneはムスビーで40,000円弱、xperiaはゲオモバイルで10,000円前後でした。

新品での購入を考えると、かなり安く手に入れることができたと思います。

スマホを中古で買う際の注意点

中古スマホを実店舗で買う際には店員さんが付いているので安心ですが、通販サイトから購入する際には自分で気をつけなければいけないことがあります。

1.中古スマホは修理保証外

大手通信キャリアから新品で購入した場合と違って、中古スマホは例え不具合が生じても保証が効きません。

その為、あまりに格安なスマホはジャンク品に近い状態の可能性があるので手を出すのはやめましょう。

また、防水のないスマホを水場やトイレで使用するなどは一発アウトの可能性があるのでNGです。

てつ
保証外の修理を受け付ける専門店もありますが、場合によっては買ったほうが安い場合も…

2.バッテリーの持ち

前オーナーの使い方によっては、バッテリーが弱くなっている可能性があります。

古い端末ほどその傾向が強いので注意しましょう。

発売から1〜2年の範囲内で選ぶと失敗する確率を減らせます。

てつ
元々バッテリーの持ちが良い端末を選ぶか、比較的新しい端末を選ぶことで失敗を回避しよう

3.通信回線の違い

格安SIMは運営会社によって、大手キャリアのどの回線を使って通信をしているかが異なります。

具体的には、楽天モバイルではドコモとauの回線は使えますが、ソフトバンクの回線は使えません。

ポイント

ドコモ回線の端末は格安SIMで使えるキャリアが多い反面、同じ機種でも他キャリアの端末に比べて割高になっています。あらかじめ使用するキャリアの通信回線を確認して購入することをおすすめします。

てつ
ドコモとauの2回線が使える格安SIMなら、auの方が端末代が安い。その代わり、キャリア乗り換えの際に選択肢が狭まることになるので注意!

4.赤ロム

赤ロムとは、ネットワーク利用制限の状態(端末にロックがかかった状態)で販売されている商品のことです。

つまり、買っても使えない端末を指します(絶対買ってはダメですよ)

購入を検討している端末が赤ロムかどうかは、下記のサイトでIME製造番号を入力する事で事前に確認することができます。

てつ
通販サイトにもIME製造番号は必ず記載があるのでチェックしよう

うちの失敗談

買った2台のうち、iphoneはすこぶる好調でした。

本体も綺麗ですし、「本当にいい買物をした」と思っていました。

しかし、購入して少し経ってから嫁ちゃんのxperiaに異変が…!

あれ、なんか電池が一気に減ってる…
ヨメちゃん
てつ
ん?アプリ立ち上げすぎてるのかもしれないよ
そうなのかな
ヨメちゃん

 

------------数日後------------

 

やっぱりおかしい!電池があるのに電源が落ちる
ヨメちゃん
てつ
これは不具合かも…。交換してもらえるか聞いてみよう

 

 

「…申し訳ございません、返品対応期間を過ぎております」

 

え〜そんなあ…
ヨメちゃん
x

てつ
ショック!!

 

なんとSONYのxperiaは、電池の残量に関わらず端末の電源が落ちる不具合が稀に起こるらしく、購入後しばらくしてから発動した事で返品のチャンスを逃してしまいました。

(この現象は、ソニータイマーと呼ばれるそうです…運悪く外れ端末を引いてしまいました)

いざ返品対応を依頼したタイミングが遅かったのはこちら側の失敗でした。

中古はお買い得な端末が多いのですが、こういった事例もあるので気をつけてください。

注意点を守って賢く利用しよう

ゲオなど企業が展開する中古スマホサイトは、端末に不具合がある場合は返品の対象となりますので迷ったら一度返品して選びなおしたほうが無難です。

中古スマホは、新機種が出る買い替えのタイミングで旧機種がお得に買える可能性もあります。

端末を安く購入して、格安SIMを組み合わせる事で毎月の通信費をググッと安く抑えることができますよ〜

以上、てっちゃん( @tetsu_grit)でした。

-注文住宅の家づくり

Copyright© てっちゃんのプログラミング学習メモ , 2019 All Rights Reserved.