ショールーム

注文住宅の家づくり

ショールーム訪問【Panasonic・トクラス・WOODONE】

注文住宅を建てる際、住宅設備の中でも大きな買い物になる「システムキッチン」や「お風呂」。

やはり現物を見て確認するのが一番なのですが、大きな設備なので家電量販店やホームセンターなどでは満足の行く数を見ることは出来ません。

そこで便利なのがメーカー独自の「ショールーム」。

メーカーの販売員の方が商品について詳しく説明をしながら案内をしてくれる場所です。

今回は、大阪駅の北側グランフロント内にある3件のショールームに行ってきました。

ショールーム訪問

Panasonic(パナソニック)

panasonicショールーム

出典:panasonicフロア写真

まず1件目はpanasonicです。

システムキッチン、お風呂、トイレと全種類が揃っているメーカーですが、土日という事もあってか人の数がすごい…。最後まで見て分かりましたが、panasonicだけがもの凄く混雑してましたね。人を掻き分けながらの見学になりましたが、さすが誰もが知る大手の地元家電メーカーという印象でした。

panasonicのキッチン

panasonicシステムキッチンラクシーナ

出典:panasonic

パナソニックキッチン「ラクシーナ」

その名の通り、家事を楽にしーなというコンセプトのキッチン。スゴピカ素材(有機ガラス系)シンクが汚れが付きにくく、お手入れが簡単との事でした。シンク以外にこれといった目立った特徴はなく、標準的な機能が過不足なく付いているという印象でした。

panasonicのトイレ

panasonicトイレアラウーノ

出典:panasonic

パナソニック「アラウーノSⅡ」

泡洗浄の機能が特徴的で、便器の素材はシンクと同じスゴピカ素材との事で汚れにくさやお手入れのしやすさを謳われていました。

トイレの比較はこちら

panasonicのお風呂

panasonicお風呂

出典:panasonic

パナソニック「バスルーム」

スゴピカ浴槽は、シンク・トイレの素材と同じで特徴も同じとの事。その他、目立った特徴はありませんでした。全体的な印象は、可もなく不可もなく目立った特徴もない優等生なイメージのメーカーです。キッチンの標準仕様で選べるカラーにネイビーがあったのが個人的には良かったですね。

てつ
でも妻にはネイビー却下されました

トクラス

トクラスショールーム

出典:トクラス

2件目はトクラスです。

トクラスのシステムキッチンは、シンクと天板に人造大理石を選ぶことが出来ます。

トクラス マーブルシンク

このように、シンク内の人造大理石をポップなカラーにできることが売りみたいです。

差し色として、明るい雰囲気の家が好きな方には良いのかなと感じました。

人造大理石

出典:トクラス

人造大理石もステンレス同様に汚れや傷などに強いと説明は受けましたが、たまたま私が仕事で接客しているときに「人造大理石は茶しぶが付きやすい」との使用感をお客様から聞いていたので選びませんでした。

てつ
緑茶や急須のヘビーユーザーである私にはここが致命的でした

WOODONE(ウッドワン)

3件目、WOODONE

無垢の木を使用したドアや、キッチン、フローリングや家具などを展開しているメーカーです。デザインは一番好きな感じで、お値段が結構張るんですが、出来ればこちらのメーカーを導入したいと感じました。ちなみに、現在フジテレビで放送されているドラマ「後妻業」の中で、ウッドワンのキッチンが使われているそうです。無垢材の質感が本当に良い!

システムキッチン「suiji(スイージー)」

写真は、ちっちゃいsuiji

てつ
スイージー…要するに炊事。panasonicもそうですけど「そのまんま」なネーミングが多いですね!(どうでもいい)

木のぬくもりが感じられてとても雰囲気がよかったですね。シンク下の収納を外して、空間を作ることも出来るとの事ですので、うちはゴミ箱を置くスペースを作りたいと思っています。

ミーレのような海外製の大型食洗機を入れたりすることも出来るみたいです。(標準仕様はリンナイでした)

カラーリングもいろいろ

やはり大容量はいいですね。全部まるっと入りそう。

国産メーカーとミーレを比較すると、大きな違いは「乾燥機能がない」ことだそうです。ただ高温洗浄後に少しドアを開いておくと、熱によって食器は乾いていくとの事なので全て拭き取る必要はないみたいですね。値段は10万以上違ったりしますが、こだわりたい方は検討されてはいかがでしょうか。

メンテナンス・修理に関しても、ミーレジャパンという日本法人があるので国内対応が可能との事でした。

2019年5月4日 追記

WOODONE(2回目の訪問)

WOODONEのちっちゃいsuiijiについているコンロの火力の弱さが気になったことと、キッチンの位置を壁付に再度戻したことが理由でキッチンのタイプを変更することにしました。

ゴールデンウィーク中に、2回目のWOODONEショールームへ訪問です。

ウッドワンキッチン壁付タイプ

前回選んだ時はミディアムブラウンの外板を選びましたが、今回はナチュラルタイプに変更しました。

シンク下は、ゴミ箱用に空間を取るということで変更なし。

せっかく梅田まではるばるきたので、トイレのドアも見直しました。

元々は無垢の木ドア(ピノアース)を選択していましたが、半額程度のソフトアート(白)に変更。

洗面所とトイレが近いので、洗面所の床(クッションフロア)のデザインに揃えた方がまとまりが良いのではないかという判断です。

ソフトアート

再訪問するのは手間でしたが、納得の行く選択ができたので満足です。

なぜか2回目は、ハーゲンダッツのギフト券ももらえました。(ラッキーw)

てつ
子どもがすごく喜んでくれたのでよかったです♪

-注文住宅の家づくり

Copyright© てっちゃんのプログラミング学習メモ , 2019 All Rights Reserved.