ショールーム

注文住宅の家づくり

【照明の選び方】ショールーム訪問【コイズミ】

ショールーム照明

!てっちゃん(@tetsu_grit)です。

久々に、ショールーム見学に行ってきました。

場所は、大阪グランフロント。大阪駅直結の大型商業施設ですね!

今回は注文住宅の照明選びにコイズミ照明さんを見学してきました。

>>>コイズミ照明公式サイト

コイズミ照明は、住宅設備や外構など住まいの照明をトータルで取り扱うメーカー。

照明選びってどんな風にするの?

照明選びのポイント

  • 「どんな種類の照明があるか」
  • 「どこに、どんな照明をどれだけの数、配置するか」

照明選びは上の2つを考えて、ライティングを確認しながら決めていく作業です。

  • 「この部屋は落ち着いた雰囲気にしたい」
  • 「この部屋は明るくしたい」

等、部屋ごとに細かく決めらるのはうれしいですね!

てつ
照明の配置を1から決めるのは注文住宅ならではだね〜

ショールーム訪問:現在の間取りの確認からスタート

まず最初に、担当の方から間取りについて大まかに確認がありました。

  • 天井の高さ
  • 壁の色
  • 希望イメージ

各部屋で「どんな暮らしをしたいか」「何を主にする部屋なのか」もお伝えしました。

その後、いざ照明を見て回りました。

シミュレーション室で照明による明るさや広角の違いを実体験

コイズミ ショールーム

出典:コイズミ照明

あかり教室では、一般的なサイズのリビングにたくさんの光源(ランプ)があって、「何灯つけるとどれくらいの明るさになるか」を体験できました!

照明レールへ、どうやって照明を取り付けるかも体験させてもらいました。

てつ
結構、簡単に取りつけることができますね。今後、手軽に増設したりもできそうです。

…ここでハプニング発生!

照明レールは、レール自体で一つの配線にまとまっているので、レール内で明かりの数を調整する場合は照明自体を外さなくてはいけないです。

試しに外してもらって明るさの違いを見せてもらってたら、案内係の方が外した照明をテーブルの下に落としてしまうハプニングが発生!

「バリン!」という音とともに高そうな照明が割れてしまいました…。w

てつ
数を減らしたらどうなるか見たいから、ちょっと外してみてって言った手前、責任を感じますwお姉さんあとで怒られたりしなかったかな…

ショールーム内には部屋のテーマごとに照明を展示

和風、北欧風、ヴィンテージ風などお部屋のテーマに沿った照明選びができるようになっていて、分かりやすいですね。

和モダンなテイストの照明

 

こちらは、クールで未来的な印象。ワイングラスを逆さにしたようなペンダントライトが人気との事。

 

筒状のライトなんかも個性的ですね。明るさを求めるより、仄暗い落ち着いた雰囲気になりそうです。

 

カラーバリエーションも、白・黒・シルバーと部屋の雰囲気やインテリアに合わせて選べるそうです♪

ペンダントライトの種類も豊富

 

こちらは、シリコンのペンダントライト!

触らせてもらいました笑

てつ
ふにふにしてて気持ちよかったw

これなら、例え落下しても割れる心配がありませんね!

シリコンは、スマホケースみたいに変色したりしませんか?と質問してみたところ、

品質の良いシリコンの場合は、変色はほとんどないとの返答をもらいました。

照明選びのポイント

照明の種類

照明の種類は、形や用途によって様々!下記の画像が分かりやすいので引用させていただきました。

照明の種類

出典:ringa

  • ダウンライト
  • ペンダントライト
  • シャンデリア
  • シーリングライト
  • ブラケットライト
  • フロアライト
  • テーブルライト
  • デスクライト

照明のLED電球はメンテナンスフリー

LED照明の持続期間は「4万時間」

毎日6時間、点灯させても18年持つそうです。

てつ
電球交換は考えなくても良さそう

照明のワット数による違い

照明には、60wと100wの2種類があります。

  • 60w   = 1畳分
  • 100w = 2畳分

この明るさを目安に、照明の種類と数を選ぶのがポイントとの事。

電球の色による違い

コイズミの照明は、3種類の色があるそうです。

  • 電球色…黄色っぽい光で明る過ぎず、暖かみのある雰囲気。
  • 昼白色…昼間のように明るくて、白っぽく光る。文字を書いたり、キッチンで野菜の色目やお皿の汚れを確認する場合に適している。
  • 温白色…電球色と昼白色の中間の色。

リビングの照明は、キッチンやスタディスペースがあるので「温白色」を選びました。

寝室は、柔らかい雰囲気の「電球色」を選択。

照明の形式と光の広がり方(配光)の違い

スポットライトやダウンライトは、形によって光の広がり方に違いがあります。

配光

出典:Jima

  • 広角…広い範囲を照らす。
  • 中角…広角よりも狭い範囲を照らす。インテリアや絵画などを照らす際にも使える。
  • 狭角…ピンポイントで狭い範囲を照らす。

中角、狭角の場合は、配光範囲が狭いので、基本的には他の照明と組み合わせて使用します。

照明レール(ダクトレール)

スライドコンセント

ダクトレールとは、好きな位置に照明を取り付けることができる照明用のパーツです。レール上でライトの位置が調整でき、複数のライトを取り付けることが可能になります。ライティングレール、ライティングダクト、スライドコンセントなど様々な呼び方があります。

ダクトレールの規格は、基本的には各メーカーで統一されていますが、ごく稀に海外製のものなどは規格に合わない場合がありますので通販サイトなどで購入される場合は注意が必要です。

長さも1m、2m、3mと細かく選ぶことができて、カットしたりも可能との事なので場所に合わせて柔軟に使えるところが魅力ですね!

家の建築後に、やっぱりダクトレールを取り付けたいという人向けに「簡易式ダクトレール」という商品もあります。

まとめ:照明選びはむずかしい!窓の位置も考慮してじっくり考えよう

正直、ショールーム見学はかなり疲れるので、あまり行きたくはないのが本音でしたw

でも、照明器具のデザインはカタログでもわかりますが、実際に照らされたときの部屋の印象や雰囲気は、現場に行かないとイメージがしにくいんですよね。

結果、実際に確認ができて良かったです!

家の間取りや、窓の配置、各所の用途などで照明の数や色が変わってきます。

この部屋では何をしたいか、どう過ごすのか、イメージを持ってショールームに行くのがおすすめです!

ちなみに、今回はキッズルームにあったDVDの妖怪ウォッチや崖の上のポニョに夢中になってくれていたおかげで、2時間の見学の間、子どもたちがずっとおとなしかったのでありがたかったです♪

終わり際に、私もポニョに見入ってしまいました笑

以上、てっちゃん(@tetsu_grit)でした!

-注文住宅の家づくり

Copyright© てっちゃんのプログラミング学習メモ , 2019 All Rights Reserved.