注文住宅の家づくり

運動会で子どもの写真を撮るために買った「一眼レフカメラ」【感想・レビュー】

デジタル一眼レフカメラ

どーも!てっちゃん(@tetsu_grit)です。

子どもが小さいうちは、とにかく可愛くて仕方がないですよね。

とくに3才くらいまでは、やることなすこと可愛いんです。まさに天使!

私のようなおじさんでも胸がキュンキュンします笑

そんな愛らしい姿をなるべく写真に撮って残しておきたいと思うのが親の心情。

買うまで長いこと悩んだのですが、結局子どもの写真をキレイに撮るために一眼レフカメラを買いました。

本記事では、子どもの運動会保育参観の写真を撮るために購入した「一眼レフカメラ」について紹介します。

こんな方におすすめ

  • わが子の今しか撮れない可愛い姿を残したい
  • 一眼レフカメラを買おうか迷っているファミリー世帯

運動会で子どもの写真を撮るために買った一眼レフカメラの感想

うちも写真はたくさん撮るほうでしたが、スマホカメラがメインでした。

わざわざ「大きなカメラを持ち歩くのも面倒だな〜」て思ってたんです。

最終的に我が家が買ったカメラは「ニコン デジタル一眼レフ D3400」です。

スペックはこんな感じ。

ニコンデジタル一眼レフカメラD3400

出典:公式サイト

カメラのキタムラに何度か通って、我が家のリクエストをもとに販売員の方に選んでもらいました。

我が家のリクエスト

  • 「運動会や保育参観などで子どもを撮りたい」
  • 「動き回るのでピンぼけしにくいカメラが欲しい」

勇気を出して買って良かった点

運動会の写真

  • 印刷しても綺麗な写真が撮れる
  • ズームレンズで遠くからでも狙える
  • 動きのある写真もバッチリ

ズームレンズ付きを買ったのは、本当に正解でした。

運動会では、当日の朝一番に開門を待つくらいでないと最前列はすぐに埋まってしまいます。

出遅れるとどうしても、後ろから撮ることになっちゃうんですよね。

そんな時にズームレンズは大活躍しています。

てつ
ズームレンズのおかげで、開門前に並ばずとも、いい写真が撮れるようになったよ〜

使ってみて感じたデメリット

  • 重たくてかさばる
  • ストラップに吊るすと首がこる
  • 高級品なので気を使う

一番のネックは、やっぱり重たいところ

保育園の運動会は半日程度ですが、ストラップから常に下げていると首が痛くなってしまいます。

また、保育園で使っていると、砂埃が舞うのでせっかく買ったカメラが壊れやしないかヒヤヒヤします。

写真撮りに熱中して子どもに近づき過ぎると、子どもがカメラを触ったりバシバシ叩いたりすることもあるので注意せねばなりませんw

買ったばかりの頃は、ビクビクしながら使っていました笑(いまは慣れました)

てつ
砂埃や落下など、もしもの時の本体の保護用にカメラケースはあった方はいい!

おすすめはこちら「ハクバ カメラジャケット」

こんな感じで、安くてもしっかりとカメラを守ってくれます。

ハクバのカメラケース

外したレンズキャップを入れるポーチや、ジャケット自体が落下しないようなストラップホールドなど、やすいのに機能満載。

まとめ:撮った写真を見返すたびに一眼レフを買って良かったと感じてます

持ち歩きの不便さは毎回感じるわけですが、後から写真を見返したらやっぱり全然違います。

てつ
ほんとに、めっちゃキレイに撮れてる!

そのとき裸眼で見てた映像をそのまま切り取ってくれた仕上がりになるので見ていて飽きません。

一眼レフ買うかを値段で迷っているなら買った方がいいですね♪

うちはあえて印刷して、子どもと一緒にアルバムをつくっています。

特に上の子は、よろこんでファイリングしてくれるのでおすすめです!

使用感の感想を簡単にまとめるとこんな感じ。

  • キレイに撮れる
  • やっぱり重たい
  • 買うならズームレンズ付き
  • ケース必須
  • 思い出はプライスレス

以上、てっちゃん(@tetsu_grit)でした!

-注文住宅の家づくり

Copyright© てっちゃんのプログラミング学習メモ , 2019 All Rights Reserved.