注文住宅の家づくり

お風呂について後悔した点を調べてまとめてみた

お風呂

お風呂の入浴時間ってどれくらいですか?私は、ささっと済ませて出るタイプです。

てつ
いわゆるカラスの行水ってやつです!

私の様に洗うだけですぐ出る人もいれば、ゆっくり湯船に浸かってリラックスしたり、音楽を聴いたり、半身浴したり、瞑想、ストレッチなど様々ですよね。ショールームで色んなお風呂のタイプを選びながら、もし今のお風呂より快適になったら「お風呂で何が出来るかな〜♪」と想像して楽しんでました。

そうですね、私の場合なんかだとまずカウンターに防水タブレット置いて(持ってないけど)

お湯でほっこり暖まりながらの、

くだらないyoutube動画を延々と観たり、

 

ひたすら好きな小説読んだり、

 

見たかったアニメ(弱虫ペダルとか)をまとめて視聴したり、、、、

 

夢は広がります\(^o^)

 

てつ
子どもと入るとぜんぶ無理だけどね…

本記事ではお風呂についての失敗談をまとめています。

これからお風呂を設計される方、リフォームを検討されている方は参考にしてください。

お風呂について後悔した点を調べてまとめてみた

新築やリフォームでお風呂を検討する際、せっかく選ぶんだから、絶対に失敗したく無いですよね。書籍やネットの情報を調べて、後悔した点や失敗したと感じた部分についてまとめました。

お風呂の広さの失敗

広くして後悔した点

  • 「掃除が大変になった」
  • 「水道代や湯沸しの電気代ガス代が余計にかかった」

狭くて後悔した点

  • 「特に子どもと一緒に入る時に狭く感じる」
  • 「介助が必要な祖父のお風呂が大変」

お風呂場を大きくすると、その分ほかのスペース例えば脱衣所とかが削られることになります。掃除の手間も考慮して、最適な大きさを選びたいですね。うちの場合、コストカットと省スペースを考えて0.75坪を選びました。いわゆるマンションサイズですが、その分ほかのスペースを広く取れているので満足しています。

オプションの失敗

  • 「ミスト、ジェットバスなどの機能は使わなくなって結局無駄になった」
  • 「ジェットバスは汚れがたまりやすく掃除が大変」

オプションを付けたは良いが、最初だけ使って無用の長物となるケースが多いようです。その設備は本当に必要か、いまの不便を解決するといった目的があるものかをしっかりと考えましょう。

窓の失敗

  • 「窓からの冷気が寒い」
  • 「視線が気になる…窓の位置を失敗した」
  • 「景色を楽しむために大きな窓にしたが、浴槽から景色が見えなかった」
  • 「窓なしにしたら、湿気がこもってカビが生えた」

窓をつけた場合の失敗は、樹脂サッシなどの断熱性の高い窓にする、お風呂場を人通りの少ない向きに設置するなどで解決できそうです。ただ、窓を設けるとその分コストが発生します樹脂サッシの場合プラス10万くらいので、予算との相談になります。

設備の失敗

  • 棚を多く作ったが掃除が大変になった

まとめ:失敗しないためには各メーカーの案内を鵜呑みにせず情報収集をしっかりとしましょう

設備メーカーの案内役が、カビにくい床ですと紹介されていたものでも、条件によっては十分な機能を発揮できない場合もあります。大切なのは情報を鵜呑みにせず、第三者からのアドバイスや感想(レビュー)などから情報を多角的に集めることです。一度買ってしまうと変更はなかなか難しいので、後悔しないためにじっくりと検討するのがおすすめです。

先生
最後まで読んでくれてありがとう

-注文住宅の家づくり

Copyright© てっちゃんのプログラミング学習メモ , 2019 All Rights Reserved.