小上がりの和室

注文住宅の家づくり

収納も作れる小上がりスペースが便利!

ひと昔前は、間取りに和室を組み込むのは当たり前でした。実際、私の実家にも一部屋は客間としての和室があります。

しかし、洋式建築がメインの現在では、全てフローリングの間取りも珍しくありません。そんな中、新しい和室の形が今注目されていて、採用も増えてきています。

小上がり和室スペースが便利!

(出典:リフォナビ

小上がり和室は、床に対して高低差を設けた畳スペースの事です。高低差を利用して腰かけたり、ベッドのように下部収納を設けることが出来ます。フローリングの部屋に組み込んでも違和感がない為、リフォームなどでも新たに設置されてきています。

小上りスペースのメリット

  • 段差に腰かけられる
  • 段差をクッションを挟んで背もたれにして座椅子のような使い方ができる
  • 下部を収納スペースとして活用できる
  • お昼寝スペースとして活用できる
  • ちょっとしたときに横になれる
  • 子どもの遊びスペースとしても有効

小上がりスペースのデメリット

  • 高低差が高齢者に負担になる
  • 子どもが段差から落ちる可能性がある
  • 間仕切りや柱があると隣接するスペースに対して圧迫感がある
  • 小上がりに角を作ると段差に足をぶつけることがある
  • お掃除ロボットが段差を乗り越えられない
  • 設置コストがかかる

メリット、デメリットどちらもありますので年齢と家族構成、生活スタイルに合わせて決めていくのがベターですね。お掃除ロボットが段差を乗り越えられない点は、今後のテクノロジーの進化に期待です笑

てつ
子どもが小さいなら、お昼寝スペースとしてもいいね

収納を増やすために設置するのもありです!子供のおもちゃ置き場にもできます

6畳未満の小スペースならあえて仕切らず、小上がり和室スペースとして畳部屋を設けるほうがおすすめです。

縦型にして、畳ベンチのように設置をしても面白いですね!

最近は、置くだけで和室を構成できる「ユニット畳」なるものも出ていますので、もし設置するか迷っている方や、すでにある空間を和室に置き換えたい方などはそちらも検討してみてはいかがでしょうか。

 

-注文住宅の家づくり

Copyright© てっちゃんのプログラミング学習メモ , 2019 All Rights Reserved.