マイホーム

お金(購入資金・税金・補助金) 注文住宅の家づくり

注文住宅の家づくりは「家計の見直し」からスタート!

今回、家づくりをスタートさせることになって良かったことの一つは、「お金を意識するようになった事」です。

それまでは、貯金目標もなく日々をぼんやりと生きていました。

「好きなものを意識せず、無計画に買い物する」

もちろん、極端に贅沢をしたり、無駄遣いばかりしていたわけではありませんが、家計簿を細かく付けることはありませんでした。

「将来、子どもにどれくらいお金がかかるか」、「老後資金はどれくらい必要か」など、考えると面倒なことは避けてきてたんですね。

てつ
お金の使い方がどんぶり勘定で、正直言って適当でした

でも、ファイナンシャル・プランナーの方の話を聞くことで、お金に対する意識が変わりました。

「将来に備えて、きちんと資金計画を立てよう」

という意識を夫婦で共通して持てるようになりました。

ファイナンシャル・プランナーと「将来の資金計画」を立てることがポイント

ファイナンシャル・プランナーとは?

人生の夢や目標をかなえるために総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法を「ファイナンシャル・プランニング」といいます。ファイナンシャル・プランニングには、家計にかかわる金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など幅広い知識が必要になります。これらの知識を備え、相談者の夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートする専門家が、FP(ファイナンシャル・プランナー)です。

出典:日本FP協会

  • 将来、教育費はどの段階(子どもが何歳の時)でどれくらいの費用が必要か
  • 老後の資金はどれくらい必要か(何歳まで働くのか)
  • 年金制度は今後どうなっていくか(自分たちはいくら貰えるのか)

などを一度考えることで、お金に関してもっと勉強しようという気になったんですね。

てつ
ファイナンスの知識はこれからは必須

税金、補助金などの優遇制度など例えあっても知らなければ使えないですし、お得な制度は利用しなければもったいないです。

これらは知識・情報を持ってこそ使えます。

この辺りは、今後しっかりと調べていきたいと思っています。

貯金の仕方も、給与振込後にまず貯金口座に貯蓄分の金額を移してから残りを生活費に当てることにしています。

こうすることで、毎月決まった金額の中でやりくりするように自然となっていけると教わりました。

てつ
お金の勉強は、本当に為になりました!

家づくりは、家庭のいろんな面を見直す良い機会になります。まだ家づくりを検討されている段階の方も、お金に関する見直しは是非行って見ることをおすすめします。

-お金(購入資金・税金・補助金), 注文住宅の家づくり
-

Copyright© てっちゃんのプログラミング学習メモ , 2019 All Rights Reserved.