金

お金(購入資金・税金・補助金) 注文住宅の家づくり

住宅ローンの審査が通らない人はどんな人?【落ちる人の特徴6つ】

マイホームを購入する際に、最初のハードルとなるのが「住宅ローンの審査」。

この記事では「反面教師にしたい住宅ローンの審査に落ちる人の6つの特徴」を紹介しています。

こんな方におすすめ

  • これから住宅ローンの審査を受けようと思っている
  • 審査が通るか不安があり、審査項目を確認しておきたい

住宅ローンの審査が通らない人はどんな人?【審査に不利な要素】

住宅ローンには事前審査と本審査があり、それぞれによって確認される要素が異なります。

(※機関によっては事前審査で本審査と同様の項目まで確認する場合もあり。)

どれだけ貯金をしていても、現金一括で買えるような方はほぼいないでしょう。

金額の大小はあれど、住宅購入の資金を金融機関に借りる事になります。

つまり、住宅ローンの審査に通らなければスタートラインにも立てないということですね。

では、一体どんな特徴の人が住宅ローンの審査に通りにくいのでしょうか。

住宅ローンの審査において、金融機関がチェックする項目について下記にて解説していきます。

1.住宅ローン完済時の年齢が高いと不利になる

借入時の年齢が高いと、長期間のローンを組んだときにどうしても完済時の年齢が高くなってしまいます。

一般的な平均寿命と勤続年数から判断して、あまりに完済時の年齢が高すぎると断られることもあるそうです。

Q.住宅ローンは何歳まで組める?

実際は、借入時の年齢が40代の方でもローンを組めている方がいます。

銀行によって様々ですが、完済時の年齢が80歳未満がおおよその上限のようですね。

 

メモ

住宅ローンの借入は、35歳までに借りが方が良いと言われています。35歳で35年ローンを借りた場合、完済時の年齢は70歳。65歳で定年するとしても、定年後の5年間は返済が残る事になります。「老後はゆっくりと過ごしたい」と考えるなら、なるべく仕事をしている定年前に返済済みとしている状態が望ましいです。繰上げ返済などの支払い計画も考えておきたいですね。

2.「延滞履歴」など信用情報に傷がある場合

現在、過去の借入状況は、審査において重要な要素の一つです。

過去に携帯電話料金の支払いの遅れがあったり、クレジットカードの口座引き落としが出来ずに催促の電話やハガキを貰ったことがあるなら、住宅ローンの審査時に注意が必要です。

なぜなら、そういった審査に不利な情報は、個人の信用情報として最長で5年間記録され、金融機関の間で共有されるものだからです。

もし過去に滞納があっても返済済みであれば、その旨を業者を通じて正直に伝えて、その後は継続的にしっかりと支払いが出来ていることをアピールしておきましょう。

メモ

個人の契約内容や返済状況などの履歴は、「契約期間中、契約終了日から5年」は記録が残る事になります。もし自身の借り入れ状況に不安がある場合は、過去の信用取引の情報で不利な情報が残っているかを確認しておきましょう。

【個人信用情報の取得方法】

下記サイトから、個人信用情報を取得することができます。

3.借入中のローンがある

自動車ローンや、家電ローンなど借入中のローンがある場合は、審査に不利に働いてしまいます。

返済可能なものは、完済した後に審査に申し込みをするようにしましょう。

4.健康状態が良くない

住宅ローン審査の際に、健康診断の結果を提出して、直近の健康状態を報告する必要があります。

健康な人であれば、長期借入であっても今後しっかりと働いて、返済が可能であると銀行は判断してくれます。

反対に健康状態に不安があると、「この人は長期に渡ってローンを返済することはむずかしいのではないか?」と判断される可能性があります。

3大疾病や高度障害など、健康状態が厳しい方には審査もむずかしいでしょう。

5.勤続年数が短い

最低でも3年以上あれば問題ないです。

勤続年数が短くても通る場合もありますが、勤め先が公共機関であったり、大きな企業である場合などケースバイケースなので一概には言えません。

公務員の方の場合は、審査に非常に優位に働くとの事です。

審査の際に、勤続の証明として過去の給与明細や源泉徴収票の提出がありますので、きちんと保管をしておく必要があります。

(※紛失の場合は会社に申請して再取得します。)

6.年収(支払い能力)が低い

「この人は安定的に住宅ローンの返済が可能か?」を見るので、支払い能力である年収は、大事な要素となってきます。

年返済比率(年間返済額÷年収)を見て、年収に対する返済額の割合が25〜35%以内になっているかを金融機関が確認します。

年返済比率は低いほうが有利なので、年収に合わせた借入額におさめる必要があります。

てつ
私は年収が約300万と少ないのですが、妻のパート収入と合算で審査に挑んだところ無事に通りました。所得が低くても住宅ローンを組むことはできますので安心してください。

団体信用生命保険に入れないのはどんな場合?

団体信用生命保険とは、住宅ローンに付属する特別な保険です。

平たく言うと、ローン返済中に死亡した場合、残額を払わなくてよいという保険です。

つまり、もし不慮の事故や病気などで死亡しても最悪家族に家だけは残せるという事です

家賃負担が無いだけでも、残された家族にとってはかなりの負担減になるのでとても有難いですよね。

一般的に工務店さんなどは、「団信」と略して呼ばれていることが多いです。

この団信がある為、他に複数生命保険を利用されている方は、解約や見直しを検討しても良いと思います。

特に死亡保障などの重複がある場合は、そのお金を返済や貯蓄に回した方が合理的です。

団信はわずかの金利アップで付けられるので、一般的な生命保険に入るより団信に加入する事をおすすめします。

(※団信の加入が義務づけされている住宅ローンもあります

商品によっては、3大疾病付団信もあります。

ただ、疾病ごとに保険適用の条件が異なるようですのでしっかりと内容の吟味が必要です。

てつ
団信の入っておけば、契約者に万が一のことがあっても家だけは残ります。もちろん、万が一は無いのが一番です

住宅ローンの審査を受ける前に事前に確認と整理をしましょう

住宅の購入を考え始めた段階で、不利な要素となりそうな項目は事前に洗い出して排除するようにしましょう。

特に、信用状況に傷がある場合は「この人はローンを滞納する可能性がある」とみなされる場合がありますので最も注意したい項目です。

-お金(購入資金・税金・補助金), 注文住宅の家づくり
-

Copyright© てっちゃんのプログラミング学習メモ , 2019 All Rights Reserved.