子供の熱中症対策

注文住宅の家づくり

子ども用の熱中症対策グッズまとめ【2019年版】

子供の熱中症対策

どーも!てっちゃん( @tetsu_grit)です。

気温がガンガン上がってきて、すっかり夏の気候ですね。

私たちファミリー世帯にとっては、子どもの熱中症が一番心配になる時期です。

この記事では、子ども用の熱中症対策グッズについて紹介しています。

大人用の熱中症対策はこちら>>>日傘男子が当たり前になってほしい!メンズにもメリットが多い「日よけのすすめ」

子どもが熱中症になりやすい理由

こども

子どもは大人よりも熱中症になりやすいと言われており、十分な注意が必要です。

子どもが熱中症になりやすい理由

  • 体温調整の機能が十分に発達していない
  • 地面からの照り返しの影響を受けやすい
  • 水分を取ったり服を脱ぐなどの体温調整が下手

上記の理由から、子どもが熱中症にならないように周りの大人が気をつけておかなければいけません。

子ども用の熱中症対策グッズまとめ

amazonや楽天で手軽に帰る「熱中症対策グッズ」をまとめました。

冷却スプレー

冷却スプレーには直接肌にかけて使うものと、衣類やベビーカー、タオルなどに間接的に使用するものがあります。

即効性があり、涼しさを感じやすいのが特徴です。

冷感タオル

水で濡らすとヒンヤリする「冷感タオル」。

首元の太い静脈を冷やすと、熱中症対策に効果的とのこと。

水に濡らせば冷たさが復活するので何度でも使えてエコなアイテムです。

ヘッドクール

直射日光を防ぐ意味で帽子は有効ですが、かぶっている頭はどうしても蒸れて暑くなってしまいます。

そんな悩みを解決してくれる商品。

冷感タオルの頭につける版で、水で濡らしてから帽子に入れて使います。

冷たさを感じなくなったら、もう一度水に濡らせば何度でも使用可能です。

小型扇風機(ポータブル扇風機)

電池式、充電式があり持ち運びできる小さな扇風機。

別名「ハンディファン」。

うちわのようにかさばらず、電池の続く限り涼める便利さが特徴です。

服の中に風を送ると最高に気持ちいいです。

経口補水液

経口補水液は、スポーツドリンクよりも糖分が控えめなので夏場の水分補給におすすめです。

一度にたくさん飲ませず、少しずつ水分を取らせるようにすれば効果的。

最近では、子どもにも飲ませやすいゼリータイプも発売されています。

まとめ

熱中症は油断すると誰にでも起こる怖い症状です。

冷夏と言われるシーズンであっても、油断は禁物。

しっかりと対策をすることで大切な命を守りましょう。

以上、てっちゃん( @tetsu_grit)でした!

-注文住宅の家づくり

Copyright© てっちゃんのプログラミング学習メモ , 2019 All Rights Reserved.