注文住宅の家づくり

「出社したくない!」営業がツライときの対処法

みなさん、日々の営業活動ほんとうにお疲れ様です!

数字の進捗はいかがですか?

私も最近、成績が振るわず、月々の売上予算がなかなか達成できていないピンチな状況なのでとてもモヤモヤとした日々を過ごしています。

  • 数字が思うように上がらない
  • 目標が高すぎる
  • 取引先との交渉がうまくいかない
  • 人間関係の悩み

営業活動を進めていく中で、これらの悩みは常に我々営業マンについて回ります。

数字が上がらないと、上司からも頻繁にチェックが入ります。改善レポートの提出を求められ、さらに仕事が忙しくなる悪循環に陥ってしまいますよね。

こんな時はモチベーションも上がらず、余計に悪い方向に向かいがちです。

この記事では、日々数字に追われる忙しい営業マンが仕事で疲れたときに読んでほしいことをまとめています。

こんな方におすすめ

  • 営業の仕事が辛い
  • 仕事のモチベーションが上がらない

適度に手を抜こう

昼寝

数字がうまく伸びず、改善案を考えてもなかなか名案が浮かばない…

そんな時は、積極的に気分転換をしてみましょう。

気分がリラックスしたときのほうが、得てし良いアイデアが浮かぶものです。

頑張ろうと気合いを入れすぎると、空回りしたりミスにつながったりする可能性があります。

適度に力を抜いて、余裕を持つようにしましょう。

根を詰めすぎるのも逆効果です。

肩の力が抜けた状態で提案したときのほうが、スムーズに交渉が進んだという場合もありますよ。

できればお昼に10分ほどの仮眠を取った方が、午後の作業効率が上がるのでおすすめです。

仮眠とストレスの緩和

出典:日本健康心理学会大会発表論文集

科学的にも、仮眠を取った方はストレスが緩和されることが証明されています。

1人になれる移動時間は楽しいことを考えよう

PC見ながらニヤニヤする男性

数字や人間関係のことでモヤモヤと悩んでいるときは、

気づかないうちに表情が硬くなり、眉間にシワがよっていることがあります。

そのような状況で仕事をしていると相手にとって悪い印象になってしまい、

余計に仕事がうまくいかなくなってしまいます。

まさに悪循環ですよね。

例えば移動時間の間など、1人になれる時間にできるだけ自分が楽しいと思うことを考えるようにしましょう。

  • 週末に遊びに行く予定のこと
  • ネットショップで注文した商品のこと
  • お昼ごはんのこと
  • 好きな芸能人のこと
  • 帰宅後にプレイするゲームのこと

何でもよいので自分がテンションの上がるようなことを考えると、ストレス緩和になるのでオススメです。

自分が何によってモチベーションが上がるかを理解しておく事がポイントです。

メンタルコントロールができるようになると、今後の仕事や人生においても非常に役立ちます。

本当に辛いときは上司ではなく同僚に相談したほうがいい

ひとりベンチで項垂れる男

上司は部下の成長のために、親身になって相談に乗ってくれるとは思いますが、部下としては100%本音は言えませんよね。

これは本当はこう思うけど…と自分の考えがあっても、相談する際には建前と本音のバランスを取って発言する必要があります。

分かっているけど、実行できないジレンマなど、本音の部分を相談しやすいのは近い立場の同僚のほうがいいでしょう。

もし同僚にも相談しにくいなら、ネットの匿名掲示板でも大丈夫です。

誰かに話を相談するだけでも、気持ちのモヤが晴れてスッキリするのでオススメです。

的確なアドバイスをもらう場合は上司に相談すべきですが、辛いときに話を聞いてもらうには立場が横のつながりの人がよいですね。

無理に辛い仕事を続けなくても大丈夫

営業に疲れた男性

うまくいかないことが多いと、この仕事は自分に向いていないんじゃないかと思うこともありますよね。

もしかしたら、仕事自体が向いていないのではなく、今の環境がたまたまあなたに合っていないだけという可能性もあります。

人間関係にも相性がありますので、同じ職務で違う会社に転職した途端、物事が全てスムーズにいくようになったという話も耳にします。

営業は、商材によっても仕事の難度は大きく変わるので、違う商材の営業を考えてみるのもひとつの選択肢として考えてみましょう。

営業以外の選択肢も考えてみる

虫眼鏡で何かを探す男性

営業が好きで仕事を選んだ人もいれば、私のように特別なスキルがなく営業しか選べなかったという人もいるかと思います。

でも、改めて転職サイトを見渡してみると、意外と未経験で営業以外の仕事も募集があります。

自分なんて何のスキルもないから他の仕事なんて出来ないといった先入観は捨てて、未知の世界に飛び込んでみると新しい発見があります。

未経験の職務はアピールできるスキルがないから無理?

いえいえ、あなたなら大丈夫です。

なぜなら、営業という辛い仕事を経験する中で、取引先との折衝やクレーム対応、コミュニケーション、社内のスケジュール調整など、他の仕事にも活かせるスキルは身についているからです。

数字に追われ、取引先から無理難題を言われながらも仕事をこなしてきたことは決して無駄にはなりません。

仕事が辛くて人生が楽しめていないと感じているなら、思い切って別の仕事・違う可能性を探してみましょう。

-注文住宅の家づくり

Copyright© てっちゃんのプログラミング学習メモ , 2019 All Rights Reserved.