pc display

プログラミング

gitでバージョン管理

この記事は、私がgitについて学習したメモです。

後からでも分かりやすいように、逆引き辞書の形式としています。

ターミナルのコマンドについては別記事にまとめました。

gitとは?

gitは、バージョン管理の為のツール。

ファイルの作成・修正がある程度のまとまりになったら履歴データベースに保存する仕組み。

gitは3つの階層によって構成される。

  1. 作業ディレクトリ(ワークツリー) → ファイルの作成と修正
  2. ステージングエリア(インデックス)
  3. リポジトリ → ローカルリポジトリ、リモートリポジトリ(例:GitHub)

開発者は、基本的に作業ディレクトリ(ワークツリー)にて開発を進める。

gitの初期設定

まずgitの初期設定として、保存した人の名前と E メールを記載。

git config --global user.name "Tetsu"
git config --global user.email "aaaaaa@gmail.com"
it config --global color.ui.true
git config -l

git config -l の表示がきちんと反映されていればOK。

user.nameは、GitHubのユーザーネームと同じにする。

git config --help

q
```
q(quit)でhelpから戻る
ターミナルで入力ミスしたら「control + c」で一旦プロセスを終了できる

pwd
mkdir myweb
cd myweb
git init

mkdir ファイル名 でディレクトリ(フォルダ)を作成
cd ファイル名 でファイル移動
git init で「myweb というディレクトリを git で使用する」と宣言

ステージングエリア(インデックス)に登録

git add index.html

git add ファイル名で作業ディレクトリからステージングエリアにファイルを移動。

git add .

今のディレクトリ下の全てのファイルを一度にadd。

ローカルリポジトリに保存

git commit

追加や修正などのメッセージを入力して保存 esc を押して :wq

git commit -m "変更を追加"

メッセージつきでcommit

コミット時にメッセージを入れ忘れると「メッセージを入れてください 」と言われテキストの編集画面が出る

Please enter the commimessage for your changes. Lines starting

# with '#' will be ignored, and an empty message aborts the commit.

メッセージ入力後に「esc → :wq(保存して終了)」でOK

リモートリポジトリに登録

git push origin master

 

commitの履歴を確認

直前のcommitを変更したい

git commit --amend

ちょっとした間違いを修正したい時に使用

git add . → git commit --amend(変更の意)の手順で使用。

履歴の確認

git log

1行にしてスッキリした状態で確認できる

git log --oneline

どこがどう変更されたか詳しく確認できる

git log -p

どのファイルが何箇所変わったかというのを見ることができる

git log --stat

現在の状態を確認

git status

現在の状態を確認することができます。

ファイル変更後に使用すると、どのファイルが変更されたかがわかります。

iMac:myweb tetsu$ git status
On branch master
Changes not staged for commit:
  (use "git add <file>..." to update what will be committed)
  (use "git checkout -- <file>..." to discard changes in working directory)

	modified:   index.html

no changes added to commit (use "git add" and/or "git commit -a")

変更前に戻す

git checkout -- index.html

編集された場所の確認

git diff

編集したファイルのパス、編集箇所がわかります。

git add でステージングエリアに上げた後に状態を調べる場合は、オプション「--cached」とすればOK。

直前に戻る

git reset

ファイルの変更を間違ったり、修正が気に入らなかったりするときに使用。

--hard HEAD

ブランチとは?

「分岐」、「枝分かれ」の意味で、別々のバージョンを並行して開発したい場合に使える機能。

現在のブランチを確認(* が付く)

git branch

初期はmaster

新しいブランチを作成

git branch ブランチ名

ブランチを切り替える

git chekout ブランチ名

-プログラミング
-,

Copyright© てっちゃんのプログラミング学習メモ , 2019 All Rights Reserved.