エコハウス(健康住宅)

注文住宅の家づくり

注文住宅で建てるエコハウスのメリット【健康住宅】

エコハウス(健康住宅)

マイホーム一戸建てを設計する時に「健康住宅」で暮らしを快適にするという視点が注目されています。

この記事では、健康住宅について紹介しています。

健康住宅とは?

「健康住宅」とは、家の機能面(気密性や断熱性)などを高め、家族が快適で元気に暮らすことを第一に考えて作られた家のことです。

環境にも優しいことから「エコハウス」とも言われます。

体に何らかの体調不良を感じている方は、数多くいらっしゃいると思います。

しかしその不調の原因が、実は住環境によるものだと気づいてる方はとても少ないのが現状です。

[住まいで感じている不調の例]

  • 冷え性
  • アトピー性皮膚炎
  • 喘息・気管支炎
  • シックハウス症候群
  • 疲労感

実際に、健康住宅に住み替えたことでこれらの症状が改善されたというデータもあります。

各種疾患の改善率と転移した住居の断熱性の関係

出典:断熱住宅.com

※Q値(熱損失係数)は、住宅の断熱性能を数値的に表したもの。値が小さいほど断熱性が優れています。

注文住宅に関する記事まとめ>>>注文住宅で叶える自然素材の家「エコハウスの家づくり」

健康住宅に住み替えて感じたメリット【室内温度と健康の関連性】

健康住宅に住み替えることで、実際にどんなメリットがあるのでしょうか。

実際に住み替えた人へのアンケート結果やデータを下記にまとめました。

冷え性の改善

「冷え性が改善して、夜にぐっすりと寝られるようになった」

「冷えは万病のもと」と言われますが、部屋の暖かさが健康にもたらす良い影響が科学的にもデータとして証明されるようになりました。

断熱性が高く高気密な住宅は、冬でも部屋を暖かく保ち、体を冷やしすぎることがありません。

アトピー、アレルギー性鼻炎、喘息などの症状緩和

「皮膚のかゆみや、鼻炎が以前よりマシになった」という話もよく耳にします。

これは、高い断熱性によって結露が減り、カビやダニの発生が抑えらることや、空気の質が良くなったことが改善の要因として考えられます。

住宅性能の向上によって、体質の改善に繋がった例ですね。

ヒートショックなどのリスクの低下

毎年、約5千人もの方が入浴中の事故で亡くなられており、そのうち9割は65歳以上の高齢者とのことです。

その事故の原因の中でもヒートショックは年間の交通死亡事故数より多く、特に問題視されています。

ヒートショックによる入浴中の事故

出典:健康長寿ネット

命に関わるためシックハウス以上に怖いですが、高断熱の健康住宅ならこういった心配もないので高齢になっても安心して暮らすことができます。

風邪を引きにくい

「家が寒いとインフルエンザなどの病気にかかりやすい」といったデータもあります。

部屋を暖かく保つことは、風邪を引きにくい環境にすることにつながります。

小さい子どもがいる家庭こそ健康住宅をおすすめします

子どもの笑顔

赤ちゃんや小さい子どもがいる家庭にこそ、健康住宅に住み替えるメリットが大きいと感じます。

寒すぎる家や、化学物質を使用した建材の住宅に住んでいた為にアレルギーや、シックハウスが発症してしまったケースも多くあります。

大切な子どものためを思うと、未然に防ぎたいですよね。

建売を買うのではなく、注文住宅で健康住宅を建てるという選択肢を理由はお分かりいただけたでしょうか。

イニシャルコストは高くなりますが、お金では買えない健康も考えた家づくりをぜひ参考にしてください。

-注文住宅の家づくり

Copyright© てっちゃんのプログラミング学習メモ , 2019 All Rights Reserved.