会社の飲み会メリット・デメリット

注文住宅の家づくり

会社の飲み会を断るメリットとデメリット【上手な断り方とは?】

会社の飲み会メリット・デメリット

「会社の飲み会に参加したくない」

「時間の無駄だ」

そんな考えが、特に最近の若者を中心に顕著になっています。

筆者もどちらかと言えば、飲み会には否定的なスタンスです。

てつ
だって面倒くさいし、何話したらいいかわからんし…

会社の飲み会といえば、歓迎会、送別会、新年会、親睦会など…定期的に行われるものもあれば、不定期で突発的に行われるものもあります。

最近では「アルハラ(アルコール・ハラスメント)」という言葉も生まれ、お酒の場での迷惑行為が多いことから飲み会自体を嫌がる人も増加傾向です。

参加したくないからといって、本当に会社の飲み会を断ったらどうなるのか?

この記事では、飲みュニケーションの是非について書きました。

会社の飲み会を断るデメリット

てつ
飲み会ダルイ。できれば参加したくないわ…

それでは本当に会社の飲み会を断り続けてしまうと、どうなるのでしょうか?

会社の飲み会を出席しないことで起こるデメリットを考えていきましょう。

協調性のなさを指摘される

会社の飲み会を断る続けると「あいつは付き合いが悪い」という印象を持たれてしまう可能性があります。

会社の飲み会の意図は、親睦を深めること。

特に上の世代に行けば行くほど、飲ミュニケーションを重視している傾向がありますよね。

宴会の場が、社員同士の潤滑油となることを期待して開催されています。

(単に飲み会が好きな人が主催されることもありますが…)

社員同士のコミュニケーションを深める場としてセッティングされているのに、それを断ってしまうことは「協調性のなさ」を指摘されても仕方ないでしょう。

出世に響く

会社の飲み会を断り続けて付き合いが悪い印象を持たれると、人事評価にも響く可能性があります。

反対に、付き合いがいい人は「社会性を評価される」「上司・先輩に気に入られる」などによる恩恵を受けることができます。

上に可愛がられることは、何かと仕事をする上でやりやすくなりますからね。

会社の飲み会を断ることは、「上の人間と仲良くなるチャンスを逃すこと」と同義となってしまいます。

他部署の人間と馴染みにくい

会社の飲み会を断ると、社内人脈が広がりにくくなってしまうデメリットもあります。

飲み会の席で話が深まると、共通の話題が増える為、コミニュケーションが円滑に回りやすくなりますよね。

忘年会、新年会などの規模の大きな飲み会の場合は、違う部署や離れた支社の人など普段あまり接点のない人とも会話ができる機会になります。

宴会の場を断れば当然これらの機会は失われることになるので、人間関係が狭いままになってしまいます。

てつ
いや〜意外と飲み会に参加しない場合のデメリットが多い。できれば参加はしたくないと思いながらも、ほとんどの方が参加しているのはこういう理由があるんだね(泣)

会社の飲み会を断るメリット

てつ
飲み会はムダ!行きたい人だけ行けばよくない?

それでは、上記のデメリットを考えた上で会社の飲み会を断った場合、どんなメリットがあるかも考えてみましょう。

お金の節約になる

会社の飲み会を断ることで、本来払うはずだった会費を節約することができます。

中には大企業に勤めていて、大規模な宴会は経費で落ちる…なんてところもあるかもしれませんが、基本的には会費という名目で自腹で3,000円〜5,000円は払うことになりますよね。

2ヶ月に1回、3,500円の会費を払ったとすると、21,000円の出費です。

しかも一次会だけで…!

もし2万円以上もお金が節約できるとすると、他に有意義な使い方が色々と思い浮かんできますよね。

わざわざお金を払って、上司や先輩に気を使う場に行かなければならないのはなかなかの苦痛です。

終電を逃してタクシーを使ったり、ホテルに泊まることになるような人なら、よりお金を節約できるのではないでしょうか。

自分と家族の時間が持てる

会社の飲み会を断ることで、自分や家族とのプライベートな時間が守られます。

会社の飲み会は仕事終わりに行われることが多いため、終了するのは21〜22時を過ぎることもあります。

その時間から、電車を乗り継いで帰宅すると23時を過ぎてしまう…ということになると、その日はもう寝るだけで終わってしまいますよね。

本来、業務が終われば後の時間はプライベートな時間のはずです。

小さなお子さんがいる家庭なら、子どもと触れ合える貴重な自由時間を確保できます。

健康を保てる

会社の飲み会を断ることで、健康状態をキープすることができます。

アルコールは、体にとっては百害あって一利なし。

また、お酒を飲むと食欲が増す分、食べ過ぎてしまい確実に太ります。

さらに、夜遅くに帰宅となるので睡眠時間が不足することは間違いありません。

近くにタバコを吸う人がいた場合、副流煙を受けることにもなってしまいます。

つまり、会社の飲み会は健康面でのデメリット大

飲み会への出席は、あなたの寿命をすり減らしているということになります。

飲み会の次の日に、顔にデキモノができた経験はありませんか?

不摂生や睡眠不足による影響はすぐに体に現れます。

「酔っ払ってコケて怪我した」

「駅のホームから顔を出して吐いてたら人身事故」

なんて人もいるから、お酒は恐ろしい…。

会社の飲み会を断ることは、健康寿命をのばすことにつながるというわけですね。

奥さんが不機嫌にならない

会社の飲み会に出席したことが原因で奥さんから文句を言われることがなくなります。

帰りが遅いことで奥さんから責められたことはありませんか?

特に小さい子どもがいる家庭では、寝かしつけが大変だったり、夜泣きをしたり、おねしょをしたりと「一人で見るのが大変だから家にいて欲しい」と思う女性が多いです。

「なるべく早く帰ってきて欲しい」と思っているのに、「会社の飲み会は仕事だから」「付き合いだから」と遅くに帰宅してしまうと奥さんは不機嫌になってしまうでしょう。

育児はとても大変なので、ただでさえイライラが溜まっている状態ということをお忘れなく。

アルコールが入った状態で就寝すると大きなイビキをかくという方も多く、このイビキもまた奥さんの怒りを買うことになってしまうので注意!(私のことです)

会社の飲み会を断ることが、家庭円満につながります。

会社の飲み会を上手に断るには?

てつ
飲み会行きたくねえ。うまいこと断りたいけど、いい方法ないかな?

会社の飲み会に参加しないデメリットを把握した上で、それでも参加したくない場合はどのように断ればよいのでしょうか。

「宴会には参加したくないけれど、会社では肩身の狭い思いをしたくない‥」

会社の飲み会をトラブルなく断るための方法を考えていきましょう。

体調不良で断る

「体調が優れないこと」を理由に断ると「来れなくても仕方ない」と判断され、今後の業務にも支障が出ず有効です。

飲み会の日の少し前から、あまり体調が良くないことをそれとなく周囲に漏らしておきましょう。

ただ、何度も使えるわけではないこと、多少の演技力が求められることがネックとなります。

子育て世帯なら「急に熱を出しまして…」と子どもの体調不良を理由にするのもアリですね。

用事で断る

「習い事がある」「どうしても外せない約束がある」「次の日の朝がとても早い」など、私用によって会社の飲み会に参加できない旨を伝えることもできます。

ただ、用事を理由に断り続けると「協調性のなさ」を指摘されたり、日程の調整力を問われる可能性があります。

用事の内容が「結婚記念日で外食に行く」「妻、子どもの誕生日」など特別な用事であれば、相手も納得しやすいでしょう。

事情を作る

「小さな子どもがいて早く帰らなければいけない」

「過去の事情で決められた門限がある」

など、定刻までに帰らなければいけないことをあらかじめ周囲に伝えておくと参加しても早抜けできますし、そもそも誘われにくくなるので有効です。

例えば、「過去に浮気がバレて夜の21時までに帰らなければいけない」などの情報を伝えておくのはいかがでしょうか。

自分のキャラにあった「家庭の事情」を考えてみましょう。

まとめ

「働き方改革」という言葉が生まれ、オン・オフを問わず時間の使い方に対する価値観が変わりつつあります。

会社の飲み会に参加することで「得られるもの」「失うもの」を天秤にかけて「自分にとって大事なもの」を選ぶことが大切ではないでしょうか。

会社の飲み会は仕事の延長線上にあるので「働き方」を考える上で、この記事が今後どう向き合っていくかを考えるキッカケとなれば幸いです。

-注文住宅の家づくり

Copyright© てっちゃんのプログラミング学習メモ , 2019 All Rights Reserved.