注文住宅の家づくり

コンテンツSEOを成功に導くブログ「キーワード選定」のやり方

キーワード

SEOを意識したサイトづくりをする上で、最も重要なものが「キーワード選定」です。

キーワード選定とは、どんなキーワードで上位表示を狙ってサイトを構成していくかを考える作業です。

検索されるキーワードなら、何でも良いわけではありません。

例えば自社の商品を購入してもらいたければ、購買意欲の高い訪問者を集客できるキーワードを狙っていく必要があります。

キーワード選定には検索ボリュームの調査が必要

キーワード選定をする際に、そのキーワードを検索する人がどれくらいの数か?を調査する必要があります。

なぜなら、どれだけ狙ったキーワードで上位表示ができても、検索ユーザーの母数が少なければWEBサイトの訪問者は増えません。

検索ユーザーの母数=検索ボリュームを調べるに便利なツールとして「キーワードプランナー 」があります。

キーワードプランナー

指定されたキーワードの「月間平均検索ボリューム」の数が、どれだけgoogleで検索されたかを示す数になります。

この数が多ければ多いほど、検索する人数が多い=ニーズがあるということになります。

キーワード選定のポイント

キーワード

キーワード選定のポイント①複合ワードを狙う「ズラし」で上位表示を狙う

サイト設計でおすすめできないのが、キーワードを1語に絞ってしまうことです。

特に、ビッグキーワードと呼ばれる競争の激しいキーワードを初めから狙いに行ってしまうと、

すでに上位表示している巨大なサイトがライバルとなるので順位を上げるのは困難です。

ビッグキーワードとは、検索数が多く、競合が多い、上位表示が難しいキーワードのことです。検索ボリュームがあり、ニーズがあるキーワード、つまりは収益に繋がりやすいキーワードではありますが、それだけ様々なWEBサイトが上位表示を狙っていることになります。

これからサイトを立ち上げて上位表示を狙っていくなら、ビッグキーワードよりもロングテールキーワードを狙いにいくほうがおすすめです。

ロングテールキーワードとは、月間平均検索数が数十回と少ないキーワードのことを指します。

検索ボリュームが少ない分、ライバルも少ないので検索上位を狙いやすい傾向にあります。

ポイント

【ロングテールキーワードの例:「SEO」の場合】

ビッグキーワードの「SEO」では上位表示がむずかしい場合も、「SEO 方法」「SEO ポイント」など複合キーワードを狙うことで意図的に「ズラし」て検索上位を狙っていくほうが比較的、順位を上げやすいので様々な複合キーワードを候補として考えていきましょう。

キーワード選定のポイント②ユーザーの検索意図をキーワードから読み取る

googleで検索する人が入力するキーワードから、その検索意図を読み取ってニーズのあるコンテンツを用意することがポイントです。

検索意図は、大きく分けると「調べたい」と「買いたい」があります。

「調べたい」が検索意図のキーワードは、その情報を知ることができればニーズが満たされるので商品やサービスの購入には繋がりにくい傾向があります。

「買いたい」が検索意図のキーワードは、行動に直結する可能性が高いので積極的に狙うべきキーワードとなります。

ポイント

【検索意図の例】

「調べたい」が検索意図のキーワード…知識や情報がニーズ

  • 「お茶 効能」
  • 「お茶 淹れ方」
  • 「お茶 歴史」

「買いたい」が検索意図のキーワード…商品やサービスの購入(行動)がニーズ

  • 「お茶 送料無料」
  • 「お茶 安い」
  • 「お茶 人気」

具体的なキーワードの事例と検索意図を確認したことで、キーワード選定のポイントを理解できたかと思います。

キーワード選定で全てが決まると言われるほど、重要な要素なので上位表示を狙いにいく場合は、キーワードの吟味をしっかりとやっていきましょう。

-注文住宅の家づくり
-

Copyright© てっちゃんのプログラミング学習メモ , 2019 All Rights Reserved.