注文住宅の家づくり

【注文住宅】工務店さんと建築請負契約を正式に締結しました

どーも!てっちゃんです。

マイホームの新築をお願いしている地元の工務店さんと、建築請負契約を正式に結びました。

これまで数回に渡って打ち合わせを行いましたが、設計料金を約30万ほど振り込んでいただけで、書類による正式契約を交わしてはいなかったんですね。

今回、正式に書面で契約を交わしたことにより、これから本格的に着工に向けて動いて行きます。

おおよそ2時間半…集中して契約内容を確認していたので消耗しました。

てつ
つかれた〜w

契約では自然素材を扱う工務店ならではの保証がありました

工事請負の保証内容として、自然素材を取り扱っている工務店ならではの「無垢の木の経年変化による短期保証」が約款に含まれていました。

簡単に言うと、

「天然の素材ゆえに起こり得る反り、割れ、収縮などに短期に景観を損ねたり機能に障害があった場合、保証する」

という内容です。

実際には、1年を通して季節を一周すると無垢の木材も状態が安定してくるとのことです。

最初の1年を経過した後の定期点検で問題がなければ、その後も構造上の問題なく、暮らしていけるということですね。

想定外の場合でもきちんと保証してくれるので、安心して無垢材を使うことができます。

建物完成までのおおよそのスケジュールが見えてきた

すでに上物の解体は終わっていまして、これからの大まかな流れも決まりました。

  • 5月頃〜…地鎮祭・着工
  • 7月頃〜…上棟・上棟式
  • 10月頃〜…建物完成・検査

大体のスケジュールはこんな感じですね〜!

予定としては、11月頃には新居に引越しができそうです。

今年の冬は、住み替えによってどれくらいの違いがあったか、賃貸マンションと無垢の木で建てた健康住宅の比較をブログで報告できそうですね。

てつ
俄然ワクワクしてきました!

一体どんな家になるのか、まだまだ図面の中でしか確認ができていないので分かりませんが、

より良いものにしていきたいので情報収集をしっかりして家づくりに精を出したいと思います。

-注文住宅の家づくり

Copyright© てっちゃんのプログラミング学習メモ , 2019 All Rights Reserved.