急発進防止装置

注文住宅の家づくり

後付け可!車の急発進を防止する安全装置をつけて未然に事故を防ごう【全てのドライバーへ】

急発進防止装置

どーも!てっちゃん( @tetsu_grit)です。

高齢者による車の事故が多発してますね。

みなさん、アクセルとブレーキを踏み間違えすぎですよ!

今後、高齢化社会が進むに連れてさらに同様の事故が増えそうです。

てつ
これって何とか減らせないかな?

普通に歩道を歩いていただけで、高齢ドライバーにドカン!と突っ込まれるのはイヤです。

それに、数年もすれば我が子が小学校に通い始めるので、日々の通学も心配なんですよ…。

かと言って、全歩道にガードレールを設置するのは現実的ではありませんよね。

そんなことを思っていたら「車の急発進を防止する装置」の特集をテレビでしていたので詳しく調べてみました。

車の急発進を防止する安全装置をつけてブレーキの誤作動を防ごう

アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故は、年間6,000件以上も起きているそうです。

事故件数

出典:イタルダインフォメーション

特にその中でも高齢者の割合は年々、増加傾向にあります。

そんなに多いのかあ〜
てつ
テレビで報道されているのはほんの一部なんだね

高齢者が自分で気を付けるには、限界があります。

事故を未然に防ぐために「急発進防止の安全装置」を取り付けましょう。

オートバックス「ペダルの見張り番」

オートバックスが独自に販売している「ペダルの見張り番」は、2つの機能で車の急発進を防いでくれる装置です。

ペダルの見張り番

まさに「転ばぬ先の杖」ですね!

価格は大体、33,000円くらい。

工賃込みだと40,000円ほどになりますね〜

オートバックス「ペダルの見張り番」

機能1.オーバーアクセルキャンセラー

アクセルを急激に踏み込んだ際に、センサーが車速と信号を検知して誤発信を防止します。

踏み間違い事故で一番多いのが、慌ててパニックになっている時だそうです。

つまり、高齢者に限らず誰もが踏み間違いの可能性があるということ。

「急ブレーキを試みたがアクセルを踏んでしまった」

これを機械が防いでくれるのは安心感が違いますね〜

機能2.ブレーキオーバーライドシステム

ブレーキを踏みながらアクセルを踏んだ場合に、ブレーキが優先される装置

これは「アクセルキャンセラー」の保険のようなものです。

2つの機能によって、急発進を防げるのでダブルで安心というわけです。

後付け可能

装置は後からでも取り付けることができます

最新の車には今後標準装備になるでしょうが、新しい車を買える人ばかりではないですからね。

今後乗り換えるなら誤発信装置が標準仕様になっているモデルを選びたいですし、親にもおすすめしたいと思います。

注意点

適合車種を確認してから購入しましょう。

適合車種の一覧表を確認するか、オートバックスに問い合わせてから検討してください。

高齢の両親に勧めるときは「私はまだそんなものに頼らなくても大丈夫」と逆に怒りを買ってしまう可能性があります。言い回しには注意をしましょう。

まとめ

同様の商品がサン自動車工業からも販売されています。

S-DRIVE誤発信防止システム

こちらは全国のイエローハットで取り扱いがあります。

てつ
調べたらオートバックスのよりちょっとだけ安かったよ

こんな方におすすめ

  • 車の運転なしには生活に支障が出る高齢ドライバー方
  • 免許取り立てで不慣れな初心者ドライバーの方

急発進防止装置は、友人・親族からプレゼントとして送られることも多いそうです。

最新ニュースでは、東京都の小池知事は誤発進の問題を受けてオートバックスを視察。その後、東京都で安全装置の購入費を9割まで補助する方針を議会に提出されたそうです。

補助金によって、今後は自己負担額が3,000〜9,000円くらいになるとの事。

てつ
小池知事ナイス!この動きが車の多い田舎にも広がっていけばいいな

以上、てっちゃん(@tetsu_grit)でした!

-注文住宅の家づくり

Copyright© てっちゃんのプログラミング学習メモ , 2019 All Rights Reserved.