ホームタウン

注文住宅の家づくり

マイホーム一戸建てを新築で建てることにした理由(キッカケ)と妻の実家近くに住むメリット

ホームタウン

どーも!マイホーム購入という大きな決断をしてもう後には引けないてっちゃん( @tetsu_grit)です。

簡単に自己紹介をしますと、30代2児(男の子)のパパで、会社勤めの普通のサラリーマンです。

もともと利便性を重視するタイプで、一生賃貸派を名乗っていました。

しかし、偶然にも良い土地に巡り会えたことをキッカケにマイホームを新築で建てる事になりました。

今回、唐突に「夢のマイホーム計画発動」ということで、せっかくなので記録に残そうと筆を取っています。

なんとも予想していなかった展開です!

てつ
本人が一番びっくりしてる!

私たちの家づくりの過程をまとめ記事にしていますのでぜひ参考にしてください!

一戸建てを新築で建てることにした理由

こちらでは、我が家が「なぜ一戸建てで新築を建てることにしたのか」について書きたいと思います。

マイホーム購入のキッカケは「妻の実家近くに売地が出たこと」

「近所の田中さん(仮名)、引っ越して家を売りに出すみたいだから一回見に行ってみたら?」

義母の突然の提案が、キッカケでした。

それまで家を建てるなんて考えみたこともなかったんです。

私自身は、今のマンション住まいにある程度満足をしていたので「家を買う」という発想はありませんでした。

てつ
せっかく儀母が言ってくれているし、見るだけ見てみよっかな?

となり、場所を確認しに行きました。

そして値段をチェック、工務店に購入の相談してみて…

そこから、あれよあれよという間に「家づくり」がスタートしたというわけですw

将来のことを真剣に考えるようになった

工務店で話を聞いて、家族とも相談していく中で将来の為にマイホームがある未来を想像するようになりました。

愛する家族のために家があれば、以下のことを実現できるのでは?と考えたんです。

  • 「万が一自分に何かあっても家を残せる」
  • 「快適な家でアレルギーを緩和してあげたい」

そんな想いが生まれました。

一戸建てのメリット

私の考えるマイホーム一戸建てを建てるメリットは、下記の通りです。

  • 子どもたちに帰る場所(実家)が作れる
  • 子どもが騒いでもマンションほど気にならない
  • マイホームの思い出はプライスレス

いつか子どもたちが巣立っていったとしても、帰る場所(実家)があるとうれしいと思いませんか?

私は実家が200km以上離れていますが、たまに帰るとやっぱり安心するというか、ホッとした気持ちになるんですよね。

子どもが小さいうちに家を建てて、大きくなっても帰ることができる「実家」を作りたいと思いました。

一戸建て
マイホーム一戸建てと賃貸マンションはどっちがいい?違いを比較しました!

どーも!てっちゃん(@tetsu_grit)です。 うちでマイホームを検討した時に、最初におこなったのは「住まいの比較」です。 今の暮らし(賃貸マンション)と持ち家(一戸建て)のマイホームを比べて、メ ...

妻の実家近くに住むメリット

マイホームは妻の実家近くがオススメ

マイホーム購入を迷っていた時、色々と頭の中で考えました。

  • 「家を買った場合に期待できることは何だろう」
  • 「今の暮らしのままでも不満はないし、無理に買う必要はないんじゃないか」
  • 「自分は結局、どうしたいんだろう」

そして自分なりに「妻の実家近くに家を建てた場合のメリット」も考えました。

てつ
今の賃貸マンションと比べて、どんなメリットがあるだろう?

立地のメリット

まず引越して妻の実家近くに家を建てるとどんなメリットがあるかを整理しました。

  • 実家が徒歩圏内になり、子どもたちを預かってもらったり、子どもたちが自分の足で祖父母の家に遊びに行ける
  • 将来、義両親に何かあった場合にも素早く駆けつける事ができる
  • 保育園まで徒歩圏内になる
  • 24時間スーパー、ショッピングモールまで自転車で5分くらいの近さになる

場所が近くなるだけでも、意外と多くのメリットがあると考えました。

うちは共働きで子どもたちの保育園への送り迎えもお願いしているので、送迎の手間が簡単になるのは非常に魅力的でした。

住宅性能のメリット(自然素材の注文住宅)

次に、相談している工務店さんに新築をお願いしたらどんなメリットがあるかを考えました。

無垢材などの天然素材を使ったこだわりの注文住宅を建てられている工務店さんだったので、その特徴を生かした家のメリットをまとめて見ました。

  • 無垢素材、高気密の快適な住環境
  • 子どものアレルギーの緩和
  • 丈夫で長持ちなこだわりの家に住むことができる
  • 通勤時間の短縮(往復で10分程度)
  • 自分のライフスタイルに合わせたカスタマイズ性の高い家に住める

などなど、色んなメリットを(もちろんデメリットも含めて)考えました。

そして、半ば勢いもあり(笑)

「家を買おう!納得いくまで悩んでいい家を作ろう!」となったわけです。

お金がなくても買える!マイホーム購入は夢じゃない

私は、年収350万くらいのサラリーマン。正直、お金はあまりありませんでした。

会社の業界も斜陽産業なので、月給が大きく伸びることはないでしょう。

てつ
ツライ!

でも、ありがたいことに妻もパートに出てくれているので、2人合わせて世帯年収は500万くらいになります。

2人の年収を合わせてもいざ家を買うとなるとなると、家計の管理はしっかりとしないと返済が苦しくなってしまうという懸念はありました。

このことから、家づくりの過程はもちろん、家を買うためのお金のやりくり、節約術なども合わせてブログで紹介できたらと思っています。

同じくらいの年代の子育て世帯に向けて、有益な情報をブログを通じて発信できたら幸いです。

以上、てっちゃん(@tetsu_grit)でした!

マイホームの購入資金を貯めるために実践している節約術を紹介します。

-注文住宅の家づくり

Copyright© てっちゃんのプログラミング学習メモ , 2019 All Rights Reserved.