転職後に新しい職場に馴染む方法

注文住宅の家づくり

転職後の不安を解消!新しい職場にうまくなじむコツとは?【社内の人間関係作り】

転職後に新しい職場に馴染む方法

新しい環境に移る時って、ドキドキ・ワクワクして高揚した楽しい気分と、うまく馴染めなかったらどうしようという不安の両方がありますよね。

進学、クラス替え、転職、引っ越しなど、人生において各ステージで必ずある「環境の変化」。

最初が肝心とも言われており、その後の生活を考えるとできる限りうまく溶け込みたいと思われる方がほとんどではないでしょうか。

どーも!過去に転職を5回経験しているジョブホッパーのてっちゃん( @tetsu_grit)です。

複数回の転職をする中で、いつも大変なのがまず新しい組織になじむこと。

知らない人ばかりで右も左も分からない環境ではパフォーマンスを発揮することもむずかしく、精神的にも疲れやすくなってしまいますよね。

この記事では、スタートでつまづいたことで挽回に苦労した経験を持つ筆者が「新しい職場環境にうまくなじむ方法」を紹介しています。

転職をしたばかりの方、これから転職しようと思われている方の参考になれば幸いです。

転職後に新しい職場に溶け込むコツとは

てつ
今日から新しい職場での勤務がスタート!うまくなじめなかったらどうしよう…?

そんな新しい環境に心機一転挑まれる方に向けて、職場に早くなじむためのポイントをまとめています。

新しい環境に馴染むには、スタート時の心構えが肝心です。

ノウハウを学ぶことによって自分の行動を見直し、変化させるヒントとして役立ててください。

明るく振る舞う

「新しく入った人は何だか感じのいい人だな」

「元気のいい人が入ってきたな」

新しい環境で好印象を持ってもらえるように、明るい振る舞いを心がけましょう。

「雰囲気の明るい人」は周りの人からも声をかけられやすく、雑談や世間話につながり、周囲との距離を縮めやすいのが特徴です。

また、ハキハキと元気よく、明るく振る舞う姿は、周りから「やる気のある人」に映ります。

まずは笑顔で元気な挨拶からスタートしていきましょう。

「彼(彼女)は社内でも印象が良いから、社外でもきちんと対応してくれそうだ」という印象を上司に持ってもらえれば、上出来です。

新たなプロジェクトを任せてもらいやすくなり、今後の仕事にも有利に働きます。

その会社のやり方に従う

新しい職場に配属になったばかりの頃は、これまでの習慣もあって独自のやり方で仕事をしてしまいがちです。

しかし、新しい職場ではその職場のやり方・ルールがあります。

「こうした方がいい」と感じていても、まずは周りのやり方に合わせて仕事を進めていきましょう。

周りの歩調に合わせ、同じペース・やり方で物事を処理していくように心がけてください。

「郷に入っては郷に従え」ということわざの通り、新しい環境に自分を合わせていくのが賢い選択です。

会社が変わると常識が変わると言っても過言ではありません。

積極的に質問する

受け身で教えてもらうのを待つのではなく積極的に質問をして学ぶ姿勢をアピールしていきましょう。

新人の立場としては、情報は能動的に取っていくほうが早く集まる上、主体性も評価されます。

メモを取るなど、「教えていただく姿勢」を見せるのも有効です。

人は教えることで優位に立ちたがるものなので、簡単なことでも教えてもらうことで相手に気分良く仕事をしてもらうことができます。

名前で呼ぶ

「役職だけではなく名前を入れて呼ぶこと」を心掛けると好感を持ってもらいやすく、おすすめの方法です。

人は名前を呼ばれると、「覚えてもらえている」「好意を持ってくれている」「自分を認めてくれている」などの好意的な感情を抱きます。

自分の名前は誰しも愛着のあるもの。

「名前を覚える」「名前を呼ぶ」といった行為そのものが、相手にとって気持ちのいいものに受け取られるんですね。

「自分の名前を覚えてくれたのだから、こちらも相手の名前を覚えよう」といった返報性の原理も働くメリットがあります。

自己開示する

自分の情報は積極的に出していきましょう。

人は知らない人には警戒心を抱きますが、よく知っている人に対しては親近感を覚えます。

職場に入ったばかりのあなたは、会社にいる人から見れば最初は「得体の知れない人間」です。

まずは「得体に知れない人間」から「〇〇さんはこんな人」とイメージを持ってもらえるように自己の情報をオープンにしていくことが職場に早くなじむ為の近道です。

自己開示をすることで打ち解けましょう

  • キャリア経歴
  • 出身地
  • 家族構成
  • 趣味
  • スポーツ

もちろん開示したくない情報は伏せても構いませんが、会話のキッカケになりやすい情報はできるだけ多く開示しておいたほうがコミュニケーションが生まれやすく、より早く新しい職場の人たちと仲良くなっていけるでしょう。

入社後はほぼ必ず自己紹介の機会があるかと思いますので、このタイミングで「私の趣味は釣りです」「週末にはいつも10km以上走っています」など自己開示をしておくことをおすすめします。

感謝を伝える

新しい環境では、仕事を教える側の人間も自分の業務をこなしながら教育に当たるケースも多いでしょう。

少し大げさなくらいにわかりやすく、感謝の気持ちを伝えるように心がけてください。

「わざわざ時間を割いて、教育して良かったな」と思ってもらえるように気持ちを伝えられるとベスト。

教えてもらえることだけでなく、忙しい合間をぬって時間を作ってくれていることにも「ありがとうございます」と伝えられると好印象です。

感謝の気持ちは思っているだけでは伝わりません。

声に出して、積極的に伝えることでお互いに気持ちのいい仕事ができるようになります。

一生懸命に頑張る

新卒1年目の新入社員と違って、転職で新しい環境に望んでいる場合は慣れた業務ややり取りになることも少なくないと思います。

テキパキとこなすことも大事ですが、新入社員としての一生懸命さやひたむきさも心掛けましょう。

「早く仕事や新しい環境に慣れて、周パフォーマンスを発揮したい」というやる気を見てもらえれば、周りからのサポートが受けられます。

「新人が頑張っているんだから、こちらも頑張らないといけないな」といった周りのやる気もアップさせ、好循環のキッカケになることを目標としましょう。

まとめ:働きやすい環境は自分でつくろう

アンケート結果で転職理由に多いのが「人間関係への不満」です。

業界や給与水準などはマーケット分析である程度は調査できますが、新しい職場の人間関係までは入社してみるまでわかりません。

「入社ガチャ」と揶揄されるくらい、恵まれた人間関係に当たるかどうかは「運の要素」も強いですよね。

しかし、運に頼っていてはいつまでも「理想の職場」は見つかりません。

積極的に良好な人間関係を構築していくことで、自分にとって「働きやすい環境」を作る意識を持ちましょう。

いわゆる「社内営業」という言葉が当てはまりますが、上手な人は自ら「頼れる人脈」を社内で構築して仕事を効率化しています。

もしお酒の場が好きな方でしたら、「飲みニケーション」によって社内の人間関係作りを進めていくのもいいですね。

裏技的ですが、会社の飲み会などのお酒の場は人間関係を作りやすい場なので有効です。

もちろん、周りと溶け込む努力をした結果どうしてもなじめないという場合もあります。

誰しも社風に「合う・合わない」が当然あるからです。

もう一度転職するという手も選択肢のひとつとして残しておいて、気楽な気持ちでがんばりましょう。

-注文住宅の家づくり

Copyright© てっちゃんのプログラミング学習メモ , 2019 All Rights Reserved.