怒りよ鎮まりたまえ

注文住宅の家づくり

怒りっぽいのを直したい人へ「イライラする原因と解消法」

怒りよ鎮まりたまえ

日々の暮らしの中で、あなたはどのくらい「イラッ」とすることがありますか?

「急いでいるのに信号がなかなか青にならない」

「駅のホームで人とぶつかった」など。

短気であるという自覚がなく周囲から温和といわれる人でも、大なり小なり1日の中で「イラッ」とすることはあると思います。

たとえそんなちいさなイライラであっても、自分の中に溜め込んでしまい正しく発散できないでいると、ストレスとなって思わぬ健康被害を招いてしまいます。

本記事では、イライラしがちな方向けにイライラの解消法を紹介しています。

こんな方におすすめ

  • イライラしがちでストレスが溜まっている
  • 怒りっぽい性格を治したい

怒りっぽい性格の人向け「イライラする原因と解消法」

怒っている表情の赤ちゃん

イライラする原因は?怒りの種類

怒りのバリエーションは様々です。イライラを解消するのは、あなたが何に対してイライラしているかをハッキリと明確にする必要があります。

怒りの主な原因は4つに分けられます。

怒りの主な原因

  1. 自分に不必要な情報を拾ってしまう
  2. 他人との距離を計算できない
  3. ストレスが怒りの引き金によって表面化する
  4. 他人の気持ちに共感する

1.自分に必要な情報を拾ってしまう

ちいさなことでイライラしてしまうタイプの人は、自分にとって直接関係のないことにもイライラしがちです。たとえば、交通ルールを無視したり、電車で席をきっちりと詰めないで座る人をみると「なんでそんなマナーを守れないんだ」と不愉快な気持ちになり、イライラを引きずってしまいます。

2.他人との距離を計算できない

人付き合いに関して、他人との距離を計算できずにイライラしてしまうタイプの人もいます。近所の人に必要以上にお節介をするのに、お返しや感謝の気持ちが足りないと感じるような人は、本来の人間関係の厚みと対応の調整が上手にできず、そのギャップにイライラしてしまいます。

3.ストレスが怒りの引き金によって表面化する

ストレスを溜め込んでいる状態だと、ちょっとしたことが引き金となりイライラが表に出てしまいます。一番わかりやすい例でいうと、お腹が空いている時は脳の怒りをコントロールする機能が低下して、イライラしてしまいます。また、NGワードや嫌いな音など、ストレスを抱えているとちいさなことであっても怒りっぽくなってしまいます。

4.他人の気持ちに共感するイライラ

人間の脳は、相手の気持ちを汲み取って自分のことのように「共感」することが出来ますが、これが悪い方向に働いて自分のことのようにイライラすることがあります。自分のことではないので主体的に解決することもむずかしく、結果としてイライラとストレスが溜まってしまいます。

イライラがもたらす体の不調

体調不良

怒りっぽい人は脳に負担がかかり、体にも不調をもたらすようになります。

怒りを感じ取っているのは、脳の側頭葉の奥にある「扁桃体」。この部位が怒りにとって過剰に反応すると血流が集まり、過活動(オーバーワーク)状態になります。

脳のオーバーワーク時には、負担がかかりすぎて「イライラをうまく言語化できない」状態になり、感情が爆発してしまったり、心身に不調をきたしてしまいます。

イライラの解消法

ストレス解消して心穏やか

イライラを解消するには、あなた自身が怒っている原因の根っこを理解することがポイントになります。

「自分が本当は何に対して怒りを感じているのか」

を正しく理解して、対処することが重要です。

怒りの根底にあるものを探る

自身の怒りの根底にある無意識の不安や、主張したい事、相手の立場や気持ちについて考えてみましょう。

たとえ怒りが解消されていなくても、怒りの原因が間違っていて、本当の原因に気づくだけでも怒りのレベルは下がっていきます。

自分が何に対して、怒っているのかがハッキリさせるために原因や背景について考えてみてください。

簡単なエクササイズも効果的

怒っているときは、脳の血流が偏った状態になっています。軽い有酸素運動は、偏った血流を緩和してくれるのでおすすめです。

もちろん激しい運動をする必要はなく、3〜5分程度の散歩でも十分に効果があります。

質の良い睡眠をとる

イライラを解消するためには、質の良い睡眠を取るように心がけることも重要です。

質の良い睡眠とは、深い眠り(レム睡眠)と浅い眠り(ノンレム睡眠)が交互にやってくる状態を言います。

質の良い睡眠が取れていないと、怒りで負担のかかった脳を休めることができず、イライラやストレスがどんどん溜まってきてしまいます。

睡眠時間が不足していてもイライラしがちになってしまうので、怒りをコントロールするためには睡眠の改善が不可欠です。

イライラの原因を追求して、感情をうまくコントロールしよう

人生の歩み

自分が何に違和感や憤りを感じやすいのか、どんな不安や恐怖がストレスになっているか等、自己理解を進めることで自身のイライラに対する理由も明確になります。

怒りの原因がわかると自分の感情をコントロールできるようになり、上手くストレスを溜め込まないよう対処ができるようになります。

現代社会においてストレスやイライラをゼロにすることは不可能です。だからこそ、自身の性格と怒りの原因を理解して正しく向き合っていくことが人生をより豊かにする上で重要となってくるでしょう。

-注文住宅の家づくり
-

Copyright© てっちゃんのプログラミング学習メモ , 2019 All Rights Reserved.