注文住宅の家づくり

【地震対策】災害への備えを考える【防災】

私は関西に住んでいるので、高確率で来ると言われている南海トラフについては大きな関心があります。

昨年は、大阪や北海道でも震度6を超える強めの地震があり、ついつい喉元過ぎればですぐに日常生活に戻ると忘れてしまいがちですが、3月11日を迎えると、やはりしっかりと考えるべきだと思い直します。

本当に来るかどうか、それがいつ来るかは、現在のテクノロジーでは残念ながら誰にも予測ができません。

私たちができる事は、大きな地震がいつやって来ても大丈夫なように、対策を打っておくことだけです。

家族が増えた分、周りの安全だけでも確保したいですよね

家づくりにおいても同様で、少しの地震で崩壊や、地盤沈下が起きて、住めなくなってしまうようでは元も子もありませんよね。

その為、家の強度や地盤の改良には予算をしっかりと確保してマイホーム建築を進めています。

耐震基準とは

 

私が家づくりにおいて重視した家の丈夫さ

私の住む地域は、昔は一面、蓮畑だったそうで家を建てるには地盤改良が必要な場所が殆どだと工務店さんから教えて頂きました。

その名残で土地が水分を多く含んでいるので、杭を打ち込むなどして基礎をしっかりと固めないと地盤沈下などの恐れがあるんですね。

2,000万円代で売られている格安の建売物件は、イニシャルコストの安さが大変魅力なのですが、適切な地盤改良が行われてるかが疑わしいですし、安く手に入れても、住めなくなってしまってはや

すぐにでも出来る地震対策は?

 

おすすめの防災グッズ

つっぱり棒

エル字金具

大きな災害が起こった時、人はパニックに陥って正常な判断が出来なくなってしまいます。

-注文住宅の家づくり

Copyright© てっちゃんのプログラミング学習メモ , 2019 All Rights Reserved.